症状を放置しがちな緑内障

目の怖い病気「緑内障」の名前を聞いたことがない人はいないでしょう。
でも自分が緑内障かどうかについては知らない人が多いものです。
なんでもその割合は7割〜8割にもなり「まさか自分が」と、緑内障に思い何か思い当たる症状があっても、そのままにしてしまいがちなのです。
では、緑内障とはどのような病気なのでしょうか。

 

緑内障ってなに?原因は?

緑内障は40歳を超えると20人に1人の割合で発症するといわれています。(日本緑内障学会緑内障疫学調査より)
この人数を聞くと意外と多い数字であることがわかりますね。
高齢者が増加している今緑内障の割合はもっと多いといっても過言ではありません。
誰もが発症する可能性のある病気なのです。

 

そもそも緑内障とは視神経になにかしらの異常が起こってしまい、目から見た情報が脳にうまく伝達できなくなってしまうことをいいます。
脳に届いた情報は本来であれば情報の分析を行ない、それを見たものとして目に伝えています。
この流れがスムーズに行われているからこそ私達は見たものを判断することができるのです。

 

緑内障だとその機能に支障がでてしまうので視力に何らかの不具合をおこし最悪失明してしまうことだって考えられるのです。
初期の段階は本当に少しぼやける程度のものにはじまり多くの人がこの時点では自分が緑内障であることに気が付きません。
その後、緑内障の症状が進行してくることで、見える範囲がどんどん狭くなっていき、自分が緑内障であることに気が付くのです。
範囲が極端にせまくなってしまうと手術などしか治療をする選択肢がなくなってしまいますし、日常生活にももちろん支障をきたすことに。

 

緑内障の治療方法

緑内障の場合初期の段階であれば適切な薬物療法を用いることによって症状の緩和が見られる場合があります。
それでも効果を感じられない場合はレーザー治療や手術などを行なう必要がでてきます。
一度緑内障になってしまうとあくまでもそれ以上の悪化をしないように防ぐことしかできません。
視神経に関わる障害が少ないうちに早期治療を行なうことがなによりも重要です。
また緑内障の人の多くは白内障と併発していることが多いので両方の治療を一緒に行なう場合があります。

 

緑内障の発見が遅れてしまうのは初期の段階だとほとんど自覚症状がないことにあります。
加齢による司会のぼやけだと思ってしまいそのままにしてしまうことが多いのです。
特に初期の段階は見えないわけでもありませんしそれで病院なんて…と安易に考えてしまいがちです。
早期に発見するための手がかりとなるのは検査しかありません。
何か違和感がなくとも40歳を過ぎたら緑内障の検査を定期的に受けるようにしましょう。
特に親族に緑内障になった人がいる場合はいない人に比べて発症率が高くなりますので、検査をおすすめします。

 

緑内障は定期的な検診を受けることによる早期発見と、その人にあった適切な治療で症状の進行を防ぐことに繋がります。
せかっく病院を受診したのに途中で治療を止めてしまう人も多くそれでは緑内障は時間をかけてゆっくりと進行していくだけになってしまいます。
病院に行くのはもちろんのこと、処方された薬はしっかりと使い正しい治療を行なうようにしましょう。

 

「私は大丈夫」その過信する気持ちが緑内障の症状を悪化させてしまう可能性があることを十分認識として持ち合わせるようにしてくださいね。
また現在白内障の人は緑内障になってしまう可能性もありますので、十分に気を付けてください。
誰にでも緑内障を発症する可能性があり、気が付いたときには遅いものなのです。

 

ならないように心がけることが大切!

 

近年ではパソコンやスマートフォンから出るブルーライトが原因だという声もあり、私たちの日常生活には常に目を酷使する条件が揃っています。
ですが仕事上必要であり、お住まいによってはネットがないと不便なところもあるので、怖がってばかりもいられません。
緑内障は誰もがなる病気ではありませんが、予防を意識することはとても大切です。

 

緑内障は普段の食生活や睡眠・運動など改善することで、その確率を抑えることができると言われています。
また、近年はブルーベリーサプリメントに含まれるアントシアニンやルテイン・カシスといった栄養素が、目の予防になるのではないかと注目されています。
目は一生涯大切なものですから、労わることも取り入れましょう。