ほんとに怖い!緑内障の原因とは!?

誰だって緑内障になるのは防ぎたいものですよね。
緑内障になると一生治療が必要になりますし失明する可能性だって増えてしまいます。
特に目は長く付き合っていくものですので、できるだけ健康なままの状態を保てるのが一番です。
では緑内障の症状が出てしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

緑内障の原因@「遺伝」

緑内障には以外にも遺伝が関係しているといいます。
兄弟に緑内障の人がいると3.7倍、両親の場合2.2倍に発症率が上がってしまうことでも知られています。
そのため両親が緑内障の場合子どもが幼いうちから緑内障の要因がないかどうか病院で相談しておくと安心です。
目の疾患に関しては緑内障に問わず親からの遺伝性のものが大きくなります。
そのため家族で緑内障にかかった人がいる場合は、40歳よりも前から定期的に検査を受けるようにおすすめします。

 

緑内障の原因A「加齢」

緑内障を発症する人の多くは加齢によるものが原因の場合があります。
40歳以上の20人に1人が近視だとされる時代ですので、加齢とともに緑内障の可能性があることを認識しておく必要があります。
また白内障で治療している人の多くが緑内障と併用していることがあり、加齢とともに目は大切にするべきであることがわかりますね。

 

緑内障の原因B「近視」

緑内障の人の約60%がもともと近視でメガネ・コンタクトレンズの愛用者だといいます。
近視の人は眼球に歪みがあることが多く、正常な状態であれば23mm程度であるのに対し28mm程度にまで眼圧が上がってしまうことがあるようです。
特に近年、パソコンやスマホの支給により近視の人が増えているので、このまま行くと今よりも緑内障にかかる割合が増えてしまうことも考えられます。

 

緑内障の原因C「頭痛・低体温・冷え性・低血圧」

緑内障になりやすい人は男性よりも女性だといいます。
この4つの項目をみても女性に多い症状だと思いませんか。
おもに血流の流れが悪い人に多く末梢血管まで血流が行き届かないこと、視神経にもダメージを与えてしまっていることが考えられます。
夏なのに汗をかきにくい人や、目のまわりに常にクマがある人も要注意です。
また低血圧はさまざまな病気の原因となります。
身体を健康に保つことで緑内障の原因を減らすことにも繋がります。

 

緑内障の原因D「高血圧・糖尿病」

このタイプの緑内障はおもに原発開放隅角緑内障に該当する人が多くなります。眼圧が高めな傾向にあり、高血圧や糖尿病があることで緑内障の症状が早く進行してしまうことがあります。高血圧・糖尿病で病院にかかっている人は一度緑内障の検査にも行ったほうがいいでしょう。どちらも併用して治療していくことが大切です。

 

緑内障の原因E「生活習慣の乱れ」

緑内障の原因を作り出すきっかけになりかねない生活習慣の乱れ。
睡眠不足な状態が続いていたり食生活はジャンクフードしか食べない、日頃からストレスを溜め込みがちな人の場合そういった乱れが原因となり緑内障のさまざまな原因をつくりだしてしまうことになります。
健康な生活を送ることは緑内障の原因を作り出さない為にもとても重要なことです。
緑内障以外の病気の予防にも繋がりますので日々の生活は常に意識するようにしましょう。

 

緑内障の原因を6項目紹介しました。
いずれも珍しいものばかりではなく誰にでも起こり得るものばかりです。
自分は親族に緑内障の人がいないから関係ないと思っていてもそれ以外の要因で緑内障を発症してしまうことも十分にあるはずです。
原因がある以上「自分には関係ない」と思わずに、10代でも20代でも30代でも検査に行くようにしましょうね。
それが緑内障の原因を減らすことにも繋がります。